×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

エアウェイブ奮戦記
我が愛車エアウェイブ購入前からの記録です




L15Aはスポーツエンジン?

久々の更新はエアウェイブに搭載されているエンジンL15Aのお話です
そもそもこのL15Aというエンジンは SOHC VTEC 排気量1496cc 最高出力110ps最大トルク14.6kg-mという
普通の実用型エンジンです、CVTを介してエアウェイブの重たい車体を必要十分な馬力で引っ張ります

そのL15Aが2007年から始まるフォーミュラ・カテゴリーのエンジンに決定いたしました
そのカテゴリーの名前は「スーパーFJ(エフジェー)」、従来あったカテゴリーFJ1600に使用されていた
スバルのエンジンのパーツが不足し新しいエンジンを確保するのが急務となりました
そこで白羽の矢が当たったのが私達のエアウェイブにも搭載されているL15Aだったのです

WEST04J FJ1600スバルEA71水平対向4気筒110馬力

そこでシャーシコンストラクターの各社はこのエンジンに合わせて新型シャーシを発表
VEMACなどでお馴染みの東京R&DやWESTが参戦します
FV/202WEST07J
この車体にエンジンを搭載してレースに参戦します、パワーはレース用に軽くチューニングをして120馬力程度
まぁ私達のエアウェイブより10馬力アップですね、しかし軽量な420sの車体で鈴鹿サーキットを走れば
レース仕様のインテグラタイプRよりも速いタイムを刻む事になります

こうしてみるとエアウェイブの素質がレスポンスの良いエンジンという事が判りますね
気分的にレーシングエンジンのベースだと思うと心躍りませんか?(私ぐらいか?)

しっかりオイル管理をしてエンジンを味わい尽くしましょうね、オーナーの皆様(笑)







トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?

【PR】緊急輸送