×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

アーカイブ
エアウェイブに関連する記事を集めました




その3 意外なほど俊敏なフットワーク…
「『エアウェイブ』には110psを発生する1.5リッターエンジンしかラインナップしておりません。
開発中には、もう少し大きいエンジンを載せてはどうかという声もありましたが、
私はこの1.5リッターでじゅうぶんだと思いました」と語るのはエアウェイブの開発責任者である川勝幹人さん。

ライバル車が上級グレードや4WD車に1.8リッターをラインナップするなか、
川勝さんが1.5リッターエンジンのみでいける確信した理由はどこにあるのだろうか。

「この1.5リッターエンジンは『フィット』に搭載されているものと同じですが、
エンジンやCVTの制御を変更し、燃費を少し犠牲にしてでも、動力性能寄りに振っています。
その結果、1.5リッターの排気量でもじゅうぶんな動力性能を確保しました」と語る。

実際にエアウェイブは1.5リッターエンジンながらCVTとのマッチングもよく、
意外なほど俊敏なフットワークを見せてくれる。街なかでちょっとした加速が必要になったときでも、
アクセルを僅かに踏み込むだけで、すぐに回転が上がり、スムーズな加速をもたらしてくれる。
さらにスポーティな走りを楽しみたいときには、シフトをSDモードにすれば、
一気に使用回転域が上がり、高回転を維持してくれる。
上級グレードのLにはパドルシフト付の7スピードモードも搭載されている。

高速の料金所の後で全開加速をするような場合を除けば、日常的に力不足を感じることはないだろう。
実際に3名乗車と多少の荷物を積んで走っても、まったく非力さは感じなかった。
そして、さらに驚いたのはフィットに比べて乗り心地がよいことだった。

その点について川勝さんは「足回りのベースはフィットですが、
フロントは全面的に新設計しています。その結果、ワゴンらしい安定感のある乗り心地と、
長距離を走っても疲れにくい設定になっております」と説明する。

確かにエアウェイブのフットワークは、フィットに比べてストローク感が増しており、
操縦性が向上している。フィットでは少し気になった、路面からの突き上げ感もだいぶ緩和されている。
これだけ乗り心地がよければ、メインターゲットの若い男性だけではなく、
ファミリカーとしての需要が見込めるのではないだろうか。

その問いに対して川勝さんは「メインは若い男性ですが、サブターゲットはストリームなどの
スタイリッシュミニバンを卒業して、クルマのダウンサイジングを考えていらっしゃる方も狙っております。
実際に私にも子供がおりまして、今まではオデッセイに乗っていたのですが、
上の子供が高校生になり一緒に出掛ける機会も減りました。
そういう私たちのような家庭にも、エアウェイブは適したクルマだと思います(笑)」とコメント。

エアウェイブはメインターゲットの若い男性はもちろん、ファミリーに対しても魅力的なクルマに仕上がっている。
フィットのいい部分を生かしながら、フィットとは違ったユーザーにも訴求力があるクルマが
開発できたのも、フィットを知り尽くした川勝さんだからこそに違いない。 







トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?