×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

アーカイブ
エアウェイブに関連する記事を集めました




スタイリッシュ、プラス
「グッドデザイン・プレゼンテーション2005」(25−27日、東京ビッグサイト、主催:日本産業デザイン振興会)、
ホンダ『エアウェイブ』は、エクステリア担当加藤千明デザイナーとインテリア担当小川朋子
デザイナーによってプレゼンテーションされた。

最初に加藤千明デザイナーが「20−30代の男性にターゲットを絞ったコンパクトステーションワゴンです。
走りだけでなくかっこ良く、スタイリッシュで居住性に優れ、爽快感のあるステーションワゴンを目指しました。
都会をすいすい泳ぐ“スマートダイナミック”をコンセプトに、コンパクトで低く長いフォルムを
実現しました」とエクステリアをプレゼンテーション。

「ただ低くしても室内空間を犠牲にすることのないよう、ホンダ得意のパッケージングで、
センタータンクレイアウトを採用しています。またパーソナル感を表現するためにキャビンと
カーゴスペースを分けて見せ、なおかつステーションワゴンらしさのリアドアウィンドよりも
リアサイドウィンドを長く見せるために、特徴的なCピラーにしました」

続いて小川朋子デザイナーが「スポーティで爽快感のあるインテリアデザインを目指しました。
スマートダイナミックがテーマです。鳥が羽を広げたようなインパネは、伸びやかでダイナミック。
地上高が低く荷室高が高いカーゴスペースは、センタータンクレイアウトを採用したからです。
解放感と安心感を両立したインテリアは、運転する事も楽しく、
オープンで心地よい空間になっています」とインテリアをプレゼンテーション。

審査員の有元正存氏から「ターゲットユーザーの20−30代の団塊ジュニアは、
スタイリッシュなクルマは求めないんじゃないの?」と言う質問が出ると、
「ところが市場調査してみると『かっこいいのが一番』、スタイリッシュなステーションワゴンを
求める声が多かったんですよ」と加藤千明デザイナーは答えた






トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ


エアウェイブと何処に行こうかな?