×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

アーカイブ
エアウェイブに関連する記事を集めました




その2 爽快感を倍増するスカイルーフ…
『エアウェイブ』には、ふたつある双方のグレードに、
スカイルーフ呼ばれる大きな固定式のグラスルーフがオプション設定されている。
このルーフについて、エアウェイブの開発責任者の川勝幹人さんは
「スカイルーフはエアウェイブの魅力のひとつでもある、爽快感の演出には不可欠な装備ということで、
開発当初から計画に入っておりました」

「そのため、足回りや重心の設定についてもスカイルーフの重量を考慮してバランスを取っております。
従いまして、むやみに重心が高くなっているようなことはありません。
重さについてもノーマルルーフよりも24kg重くはなりますが、今までのサンルーフでも
18kgぐらいは重くなっていたので、サンルーフと比較してそれほど大きな差ではないと思います」と語る。

実際にスカイルーフを装着したエアウェイブを走らせてみても、重心の高さは感じられず、
必要以上にロールが大きくなっている感じはしない。むしろノーマルルーフよりも、
自然にロールが発生し、走りやすいと思えるほどだ。

また、同じようなルーフ形状を採用したラフェスタについては「同じようなグラスルーフの
日産『ラフェスタ』が先に発売され、少し気になったのは事実です。
ですが、エアウェイブは室内側のガラス部分の幅では、ラフェスタよりも少し広くなっています。
さらに、外から見た時にはガラスがルーフ先端まで覆っているので、エクステリアのまとまり感もあります。
オプションではありますが、是非選んでいただきたい装備です」とコメント。

確かにフロントガラスからつながるスカイルーフが、外から見てもエアロキャビンを感じさせてくれ、
スタイリッシュな印象を受ける。もちろん、室内の開放感も高まり、
とくに後席に座っているときには自然に視界に空が入り、爽快感が生まれる。
電動のシェードも装備されており、ワンタッチで開閉することや途中で止めることもできる。

オプションで装着した価格はベース車に対して、10万5000円ほど高くはなるが、
川勝さんがいうように、開放感が倍増するスカイルーフを選ばない手はない






トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?