×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

アーカイブ
エアウェイブに関連する記事を集めました




オデッセイ並みの質感
スターティングプライスが約150万円と、買い得感の高さを売りのひとつとする『エアウェイブ』
(7日発表・8日発売)だが、一方で安物感が出ないよう、内外装各部の質感に細かく気を配っている。

外装の質感を上級モデル『オデッセイ』なみのフィニッシュとしているほか、
「2段デザインのグリルは上段のメッキ、下段の塗装樹脂とも、一般的なベーシックカーの4倍くらいコストがかかっています」
(繁浩太郎・本田技術研究所開発技術主幹)

「また、クリアレンズの4灯式ヘッドランプもグレードの高いものです。
オプションのディスチャージヘッドライトを装着すると一層映えると思います」(同)と、
外装にかなり力を入れたことをアピールする。

内装でもコンパクトカーらしいカジュアルさを全面に出しながら、上級グレードの「L」に
自発光メーターを採用されたのをはじめ、所有満足度を上げる工夫が凝らされている。








トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?