×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活


エアウェイブ奮戦記2
愛車エアウェイブと巡るドライブ記




大和ミュージアムでGO!

09年7月18日ある展示物を見る為に広島県にエアウェイブを走らせました
目的は2つ・・・幻のマシンを取材する事、そして以前から気になっていた、呉市にある「呉市海事歴史科学館」
通称、大和ミュージアムを訪問するというのが今回のドライブプランです

最初に姉妹サイトの取材を済ます為に広島市交通科学館を訪問しました
開館と同時に幻のマシンを目の前にして心を揺さぶられている園長(笑)、こういう瞬間は車好きにしか判るまい・・・
広島市交通科学館RX500
車以外にも気になる物が建物の裏に展示されていました、それは「被爆電車」実際、広島で原爆により大破したが
その後改修されてつい最近まで現役で広島市民の足として活躍していたとの事です
被爆電車被爆電車
目的のマシンを撮影した後、もう1つの訪問の地、大和ミュージアムに向けて約30KMほど下道を走っていると
広島市電と何度も遭遇しました、みんな形が違うんですねぇ(苦笑)
そうこうしている内に大和ミュージアムに到着しましたが、駐車場が満車・・・係員の誘導で第二駐車場に向かう事に
なりました、そこには以前見たあの「男たちの大和」のオープンセットの一部が無理やり?展示されていました
ここはビルの2階部分です、どうやって収めたのでしょうか、砲身が天井の一部を突き抜けています
大和オープンセットの装備
そしていよいよ目的地である大和ミュージアムに入館しましたが、残念な事がありました、翌日19日から新しい展示が
始まるので一部見学出来ないとの事でした、1日違いで見れないとは・・・・
大和ミュージアムとてつのくじら館大和の巨大模型
中には戦艦の説明や大和の乗組員の遺品など様々な資料が写真と映像で紹介されています
じっくり見ようと思うと2時間くらいかかりましたね、その他には戦闘機の零戦、人間所雷、回天などもありました
そして気になる建物いや潜水艦が気になったのでそちらの方にも足を向けました
海上自衛隊呉資料館本物です
海上自衛隊呉資料館、通称てつのくじら館は入場無料の資料館です
潜水艦の中なんて滅多に入れませんし、巨大建造物好きとしてはやっぱり話のネタになるような事はやらないと(笑)
中には海上自衛隊の装備や潜水艦内部の装備、機雷など普段目にする事が無い展示がありました
てつのくじら館あきしおの装備品
潜水艦内部潜水艦内部
こうして今回の広島ドライブは終わりました、ちょっとした大人の社会科見学(R35)でしょうか?

走行距離:往復720q 燃費:リッター辺り19キロ台

さて次はどこに行こうかな?







トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?

【PR】緊急輸送