×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

エアウェイブ奮戦記
我が愛車エアウェイブ購入前からの記録です




毎日が地獄です

さて今回は初めて九州、大分県に上陸した旅行記です
05年12月23日〜24日にかけて福岡県門司や大分県別府、湯布院などを巡るツアーに参加しました
何が悲しゅうてクリスマスイブに「地獄めぐり」をせなあかんのや・・・

まず初日・・・
雪の影響で新幹線に一時間近くの遅れが出る
新山口に到着してすぐに観光バスに乗り換え一路門司港レトロに向かいました
ここには大正ロマンの雰囲気がある建物などが数多くありました、代表的なのはJR門司港駅でしょうか?
門司港駅
門司港といえばバナナの叩き売り発祥の地として有名ですね、それを物語るようにこんなキャラクターが門司港レトロに
ありました・・・その名は愛と正義の使者バナナマン!!(笑)

その後さらにバスで移動・・・大分県鉄輪(かんなわ)温泉へ移動後夕飯を食べ
岡山から持ってきたと言う貸切船へ向かいました、そこで船上からの花火が観れるとの事
ところが・・・雨まじりで寒いの何の・・・まぁ45分間しっかりと楽しみました

宿泊地のホテルに到着して早速風呂に入りましたが、なんで別府の温泉旅館なのに
湯船が狭いのだろう・・・屋上に露天風呂もあったのでそちらで貸しきり状態で星空の下、
湯治をしていました、上空にオリオン座も見えるしなかなかオツなお湯でしたね

明けてクリスマスイブ・・・地獄めぐりのスタートです
ホテルから歩いて10分ほどで地獄地帯がかたまっている場所がありました
まずは海地獄、ここは綺麗なコバルトブルーの色が特徴の地獄です
次に坊主地獄、ここは泥が沸いているような感じでした
さらに山地獄、ここは地獄というより動物園(笑)ゾウもいるしカバもいるコンドルもいたなぁ・・・
誰がカバやねん!
そして到着したのがかまど地獄、ここはお得な地獄で海、坊主、血の池等規模は小さいながら
それぞれの色を見ることが出来ますよ
かまど地獄の海地獄(ーー;)
その他にもワニが棲む鬼山地獄等がありました
次に向かう場所は湯布院でした、ここはまだ雪が残ってましたね時間が無いのでどこも見れなかったのですが
湯布岳の写真だけは押さえておきました、大阪にいるとこんな景色滅多に見れませんからね
湯布岳
そして帰りの新幹線で地獄めぐりの際買っておいた自分へのお土産を食べました、その名も「地獄蒸焼プリン」
地獄蒸焼プリン
温泉たまごもいいけどこんなプリンはどうですか?、しかし何と言うネーミングだろう

取りあえずエアウェイブの修理が終わったら九州は無理でも未踏の土地へドライブに行きたいですね








トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?

【PR】緊急輸送