×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

アーカイブ
エアウェイブに関連する記事を集めました




水中動態形フォルムとは何か
ホンダが7日に発表(8日発売)した新型ステーションワゴン『エアウェイブ』のデザインモチーフは「スマート・ダイナミック」。

筋骨隆々としたたくましさではなく、“躍動する筋肉をスイムスーツで覆った水泳選手”の
ようなしなやかな力強さを追求している。ホンダいわく「水中動態形フォルム」。

バンパー、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどをボディパネルと面イチとしたクリーンな造形は、
同社の売れ筋ミニバン『オデッセイ』との共通性を強く感じさせるものだ。

フロントバンパーは角をなくし、サイドに向けて大きくラウンドさせることでダイナミズムを演出。
リアビューもコンビネーションランプとテールゲートガーニッシュを一体デザインとし、
ボディ後面に縦貫配置することで水平基調の安定感を演出している。

ボディ側面では、Aピラー以外のすべてのピラーにブラック塗装をほどこし、前後ドア、
リアクォーター、バックドアそれぞれのウインドウが一体に見えるグラフィックとすることで、サイドビューを引き締めている。

オーバーハングが短く、ミニバンに近いプロポーションを持つ「エアウェイブ」。
ワゴン以上ミニバン以下というポジショニングがユーザーに受け入れられるかどうか、注目される。

2005年4月7日 Responseより引用






トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?