×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

エアウェイブ奮戦記
我が愛車エアウェイブ購入前からの記録です




三朝温泉へGO!

久しぶりにロングドライブがしたいなぁ・・・と思っていた今日この頃、グローブも新調したし行ってみるか!鳥取県へ
今回のルートは中国道吹田から山崎ICまで高速道路を使い、その後は国道で駆け上がろうというプランです
朝6時前に自宅をスタートして高速道路に乗りましたが結構快適に走行出来ました、流石にサービスエリアは込み合っていて
スペースの確保が難しかったです、山崎ICから国道29号線に入ると過去に訪問した事のある道の駅がぞろぞろ出てきます
山崎、播磨いちのみや、みなみ波賀、はが、はっとう、そして確認は出来なかったのですが08年6月にオープンする道の駅がありました、これらに道の駅は過去に来た場所なので全てパスしました(笑)本当はゆっくり休憩したいのですが

さらに先を急ぐと国道29号線の戸倉峠のトンネルから先の道はなかなかの道で下りのコーナーが楽しかったです
そして県道21号線に車を進めるとこんな看板が目に留まりました
その名は「もうけ神社」商売のご利益があるのかなぁ?そして土砂崩れの生々しい現場・・・
もうけ神社の案内板土砂崩れの現場
よく冗談で国道=酷道とか県道=険道とか言いますがこういった現場は速やかに修復して欲しいですね
念の為書きますがこの県道21号線は一部を除いて快適な県道です、ええここより酷い国道は幾らでも見てきました(笑)
途中国宝の投入堂を見ようとしたのですが、既に車を止めるスペースが無く今回は諦めました
無理して路駐をする訳にもいかないし・・・(でも路駐している車もあるからタチが悪い、狭い道なんだから)

そして目的地の三朝温泉に到着しました!まずはぐるっと散策を開始します有名なかじか蛙の焼き物をパチリ、信楽の影響か?
三朝温泉の看板かじか蛙
当日は三朝温泉郷でお祭りの日に当たり、夜のイベントに向けて準備の真っ最中でした
陣所と呼ばれる大きな綱を2本繋げて左右から引っ張るそうです、流石に夜までは待てないので綱の写真と
決戦の場である場所を押さえてきましたこれが対になる1本です
写っている人と比較すればその巨大さが判ると思います、そしてお稚児さん達も準備万端です
大綱記念撮影
さて、せっかく三朝温泉に来たのだから日帰り温泉でも探すか・・・と街中を散策していると、最初に見つけたのが
河原温泉でした、ここは無料で混浴と書いてある!よし行ってみよう
現場は・・・すだれ一枚で仕切られたワイルドな浴槽、隣の足湯ではおばちゃん連中が大声で笑ってる
ここに入る根性は私には無い(笑)ちなみにこの写真は足湯から撮影した物で右手に浴槽があります
写真の橋の上から裸を確認(笑)う〜ん開放感
綱引きの中間点河原温泉の足湯からの眺め
次に向かったのが無料の足湯かじか橋の足湯何故か誰もいない・・・ラッキーと思いきや無茶苦茶熱い!火傷するかと思った
かじか橋の足湯熱いのだ・・・ここの足湯は
そして、とっておきの秘湯を紹介しましょう、三朝温泉のタウンマップにも公式ホームページにも掲載されていない
日帰り湯ですタウンマップによると日帰り湯(外湯)は全部で三つ株湯、たまわりの湯、河原風呂という事になっていますが
キュリー広場の並びに100円で入る事の出来る外湯がありましたそれがここ(笑)
外湯浴槽
               洗い場なんかありません、偉い人にはわからんとです
こうやってカメラを持ち込めたという事は誰も来なかったという事です(笑)
浴槽から上を眺めると・・・ブランナールみさきという建物の上階の窓が見える・・・という事は上から見られてる?(笑)

まさに三朝の秘湯(笑)、無料駐車場の近くなので発見したらどうですか?ちなみにここは混浴ではありません







トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?

【PR】緊急輸送