×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ・エアウェイブがある生活

エアウェイブ奮戦記
我が愛車エアウェイブ購入前からの記録です




インプレッション1

05年5月15日(日)大安

本日待ちに待ったエアウェイブの納車日となりましたこの店で1番目の納車かと思いきや
イニシャルで納車された車を買った人が居たそうです・・・私よりもチャレンジャーが居た!
結局同店で2台目のオーナーとして納車の記念写真を大きい金色の鍵と花束の写真を撮ってきました

ナイトホークブラックパールはブルーが入ったブラックパールですよく見ると青味が掛かってました
まずディーラーで基本的な説明を受けた後運転席に乗り込みます
まずはサイドミラーのチェックを・・・ホンダのオープンスポーツS2000と同型のミラーは空力的な
デザインですが鏡面が少し狭いですね、これは慣れで何とかなるかな?
次にメーカーオプションで装着したインターナビ対応のHDDナビをチェック、メーカー純正で装着すると
ハンドル左側でラジオ(AM/FM等の切り替え)やボリューム調整、CD等の選曲等が指先ひとつで操作できます

では実際の走行性能を見ていきましょう
操縦性:
ハンドリングは素直に曲がりますが、ハンドルの戻しが遅いような気がします、女性の方は少しハンドルが
重たく感じるかもしれません
フットレストが無いので左足の置き場所に困ります、私の予定ではニーレストを自作しようかと思ってます
前の見切りに自信が無い方はコーナーポールをオススメします、装着していますが使えますよ

ブレーキはABSが少し早めに顔を出す設定かもしれません、もう少し人間を信用しなさい(笑)
私のエアウェイブはLタイプなので15インチアルミホイール仕様なのですが少しコツコツと突き上げがありますね
タイヤの性能でカバーしているかも知れません、純正装着タイヤは横浜ゴムのdb(デシベル)でした

CVT:
無段階変速のCVTは思った以上に快適です、時速80キロで約2000回転静かなものです
前車トルネオSIR(4AT)で時速80キロで約2200回転、2000ccの車より低回転で走行できます


                     (トルネオSIRの4速AT S−マチック)
7速パドルシフトはまだほとんど使用していませんが使わない方がスムーズに運転できそうです
手の小さい人はハドルシフトが使いにくいかもしれません
基本的に3000回転前後で市街地は十分走行できますので忙しくパドルシフトで操作しなくてもいいかと
そう考えるとオートエアコン、15インチタイヤに拘らなければGグレードがベストグレードですね

エンジン:
エンジンの方はまだ50km程度しか走行していないので当たりもつけていませんが、スムーズに回ります
まだ高回転側のVTEC(4800回転)には入れていませんのでこの辺りは今後のインプレッションでリポート
したいと思っています

今日1日で感じた事は、車の剛性感が上がっているという事ですね、やっぱりスカイルーフに対応する為に
かなりフレームに力を入れたようです

取り合えず今日は雨が降って来て写真撮影が出来ませんでした、今後ドライブに行った時に写真を撮りたいと思います

さて道の駅めぐりを再開するかな(笑)







トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


エアウェイブと何処に行こうかな?

【PR】緊急輸送